top of page
  • 執筆者の写真ゆかり事務所

作成した遺言の内容を変更したいとき

 資産がある方ならどなたでも、遺言を作成しておくべきだと思いますが、特に不動産オーナーの方には必ず遺言を作成することをお勧めしております。


 →遺言を作成することの必要性、大切さについてはこちらの記事をご参照ください。


 とはいえ、遺言者の年齢等によっては、相続発生までに数十年程かかることも少なくないため、財産の内訳も変わりますし、一度作成した遺言の内容を見直したいというケースも当然あるでしょう。

 遺言作成後に遺言内容を変更したくなったり、あるいは遺言の全部を取り消したくなったりしたときは、どのようにすればよいのか、そもそもそのようなことが可能なのか、という疑問は起こり得ます。遺言の内容は、遺言者の財産の承継に関する重大事項ですので、その辺をきちんと理解しておく必要があります。





遺言は生前、いつでも撤回できる

 遺言は、新しい遺言を作成することで、撤回したり変更したりすることができます。最初に作成した遺言のうち、内容を変えたい部分があれば、その部分だけ希望の内容に変更した遺言を作成することで、新たな遺言の内容に抵触した古い遺言は、当該変更した部分に関しては撤回したものとみなされます。

 民法では、次のように規定し、遺言の全部を撤回したり、一部分を変更したり書き直したりすることを認めています。

「遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、その遺言の全部又は一部を撤回することができる。」(民法第1022条)

 つまり、遺言の方式に従って新たな遺言を作成すれば、遺言の全部を撤回したり、一部を変更したりすることは、いつでも自由に行える、ということです。どのような遺言を作成するか、そもそも遺言を残すかどうかについても、遺言者の自由です。これを遺言自由の原則といいますが、このような遺言者の意思決定の自由については、他の誰にもその意思を妨げる権利はありません。


遺言の変更、取消し(撤回)の方法

 遺言の方式には、主に自筆証書遺言と公正証書遺言という方式があります。公正証書遺言は、証人を二人たてて、公正証書で作成するため、比較的厳格な遺言の方式といえるでしょう。

 もっとも、これらの遺言を変更したり取消したりする場合、遺言の方式に従えばいいわけですから、例えば、公正証書遺言の内容を撤回するために、自筆証書遺言の方式を用いて、新しい遺言を自筆で作成することで、遺言内容を変更・取消しすることも可能です。その場合は、日付が新しい遺言が有効となり、最も新しい遺言と、それ以前の遺言の内容が抵触する点については、その部分については撤回されたものとみなされます。


遺言の変更・取消しの際の注意点

 遺言の変更や取消しは、遺言の方式にきちんと従う必要があるため、要件が欠けてしまっていると、有効なものにはなりません。せっかく自分の意思を実現するために遺言を新たに作成しても、要件が整っていなければ、作成したことが無意味になってしまいます。

 したがって、公正証書遺言を撤回する際には、可能な限り公正証書遺言の方式で、撤回するなり、新しい遺言を作成するなりした方が安全です。

 新しい遺言を作成する場合には、前に作成した遺言のどの部分を撤回するのかを明らかにして、矛盾が出ないような形できちんと作成することが大切です。変更する部分が多く混乱しそうな場合は、最初の公正証書遺言の全てを撤回して、新たに一から作成した方が、わかりやい遺言ができる可能性が高いです。


 以上のように、遺言を、変更したり取消したりすることは可能ではありますが、きちんとご自身の意思を反映できるような方法でしなければ、混乱を招いたり、意思の実現がかえって難しくなったりすることもあり得ます。

 遺言の撤回や変更も、なるべく公正証書という方式を用いて、専門家に相談しながら遂行されることをお勧めします。


ご相談は、司法書士・行政書士ゆかり事務所へ

相続・遺言・不動産登記・会社の登記に関するご相談は、司法書士・行政書士ゆかり事務所へどうぞ。

東急池上線「御嶽山」駅から徒歩2分の司法書士・行政書士ゆかり事務所では、完全予約制により、皆さまからのご相談に応じています。

ご相談のご予約、お問い合わせは、お電話(03-6425-7067)か、メールフォームからどうぞ。

閲覧数:270回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page