司法書士紹介

代表司法書士・行政書士 荻島一将  Kazumasa Ogishima

司法書士(東京司法書士会所属)

簡裁訴訟代理等関係業務認定司法書士

​東京司法書士会総合相談センター相談員

東京司法書士会自死問題「いのちを守る何でも相談会」相談員

法テラス契約司法書士

​​行政書士(東京都行政書士会所属)

​入国管理局申請取次行政書士

​CFP®認定者(ファイナンシャル・プランナー)

一般社団法人相続サポート協会相談員

​宅地建物取引士

【プロフィール】

 

|会社員時代

私が新卒で入社したのは、建築資材の商社で、建築に携わる方々に商品の提案、販売等の営業を行っておりました。
当時はバブル崩壊後の長引く景気低迷で就職氷河期。従来と同じことをやっていてもなかなか評価されないという厳しい環境でしたが、私の場合は、好奇心からか向上心を掻き立てられ、どうせ厳しいのであればやれるだけのことをやって、トップセールスを目指そうという熱意が生まれました。おかげさまで上司や同僚にも恵まれ、持ち前のひたむきさや熱心な営業態度を評価していただけまして、大いに実力を発揮でき、仕事をお任せいただくことが面白くなって、それなりの営業成績を残すことができました。
高校時代にテニス部で鍛えた反射神経やフットワーク、若さによる勢いにも助けられた面もありますが、なによりも先輩・同僚の支えやお客様のご支援等、周囲の方々のご協力があってのことと感謝しております。
このときから、ご縁を大切にして、お客様に喜んでいただくために働くことの素晴らしさや、ご恩に報いることの大切さと喜びを感じていました。

0001.jpg
202202ogi.jpg

|受験生時代

業界の実務経験を積むうちに、不動産取引へのさらなる興味がわき、もう少し不動産について勉強してみようと思うようになりました。宅建試験の受験、合格を皮切りに、その中で学んだ法律の面白さに強く惹かれ、新たな熱い思いが芽生えてきました。「司法書士試験に合格して、”まちの法律家”司法書士になる!」。
それまで、法律の知識はほぼ皆無であった私にとって無謀にも思える挑戦でしたが、強い希望と情熱がありました。

 

司法書士試験の勉強を勢いよく始めたものの、なかなか思うような結果を出すことができなかったため、勉強時間を確保したいと考え、会社を辞めるという一大決心をすることになります。それからは細々とアルバイトをしながら勉強するという、いわゆる専業受験生になり、その日暮らしの日々でした。自分の人生選択を悔やみ、周りの方々にも迷惑を掛け、この苦しい生活に終止符を打てるのは一体いつなのかと自問する毎日が続きました。試験合格の壁はものすごく高いように見えるけれど、もはや引き返すこともできない。世の中には自分より厳しい環境の中で頑張っている人もいる、苦しいという感情が芽生えるのは成長している証拠だ、努力は必ず報われる等々と自分に言い聞かせながら、何とか勉強を続けました。そして、2013年度の試験にやっとの思いで合格を果たしました。

003.jpg

|司法書士として

その後、大手の司法書士事務所や、個人事務所など、複数の事務所で司法書士としての経験を積むことができました。
そこでも一筋縄ではいきませんでした。何しろ資格試験に合格しただけで、司法書士の仕事については初心者、まさにゼロからのスタートです。失敗を繰り返しながら、一つ一つの業務経験によって少しずつ知識を積み重ね、手探りながらも新しいことに挑戦できる日々は、とても楽しく充実していました。これももちろん、ご縁をいただけた周りの皆様の厳しくも暖かい支えがあってのことと、感謝しております。

 

事務所で勤務する中で、司法書士は生涯を通じて成長していける仕事だと感じるとともに、自分に合った働き方を選択したいと思ったので、独立開業を決意しました。そして、2020年、ご縁があって大田区北嶺町に念願の司法書士事務所を構えることができました。

 

事務所の名前の由来は「良きご縁」。ひとつひとつの出会いを大切にして、ご縁を絆に育てていきたいとの想いから「ゆかり事務所」と名付けました。今の自分、これからの自分があるのは、私と知り合ったすべての方々とのご縁があってのことです。みなさまとのつながりを大切にし、その思いを形に示すことが私の使命だと考えております。
それぞれのお客様に必要なリーガルサービスをご提案、ご提供し、きめ細やかにサポートいたします。また、地元にお住いのみなさま、企業のみなさまとご一緒に、地域社会に寄与していきたいと考えております。お客様からのご依頼は心から感謝し、それぞれのお気持ちに寄り添いながら、誠心誠意、丁寧に取り組みます。私は、司法書士の業界とは異なる建築資材の商社での営業経験がありますので、持ち前の軽いフットワークで、お客様のご要望に対応できるよう心がけてまいります。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

IMG_1658.JPG
司法書士 松下聡子  Satoko Matsushita

司法書士(東京司法書士会所属)

簡裁訴訟代理等関係業務認定司法書士

​CFP®認定者/1級ファイナンシャル・プランニング技能士

​宅地建物取引士

​当事務所がある「御嶽山」駅は、線路を挟んで両側に、コンパクトながらも明るい商店街が続く、活気と潤いにあふれたステキな街並みです。都会にもまだこんな風に、新鮮さと下町情緒が調和する、人々の暖かい営みが残っているところがあるのだな、と、ホッとする風景です。

この街で働けることがうれしく、いつもワクワクしています。

 

司法書士として働き始めてから、家族や相続をめぐるたくさんの事象に出逢い、一人一人のお話をうかがう機会をいただく中で、その都度、あれこれと悩みながら、私なりに精一杯、向き合ってきました。

一口に家族、相続といっても、それぞれに全く違った事情や思いがあります。

人の気持ちが深く絡む事柄だけに、理屈では対処できないこともあります。

そして、深く悩んでいたり、辛い思いを抱えたりしているときは、煩わしい手続をすると考えるだけでもかなりの負担です。

少しでも、そんな皆さまの助けになれますように、お手伝いしたいと思っております。

 

どうぞよろしくお願い致します。

matsushi.jpg
お気軽にご相談ください

初回相談料無料。ご予約は、お電話またはメールフォームでお問い合わせください。